玉三郎さんに憧れた男子の舞いを観てきました。

  • 2017.12.16 Saturday
  • 10:59
未来の玉三郎、中一男子の舞い、しかと見届けてきました。

舞台は大濠公園 能楽堂







某日本舞踊の御披露目会

私の友人の息子さんの初舞台を観てきました。


全14演目中の11番目 【藤娘】

彼が出て来た瞬間 身体に電流が走りました。
舞台上の彼の存在感たるや…





色鮮やかな着物に身を包んだ女性演者と違い、地味な着流しに藤の花を一本持っただけの彼なのに、なんと美しい…

玉三郎様が乗り移ったかのような
しなやかで妖艶な動きに もううっとり釘付けでした。




それと同時にたった八ヶ月で 初めての舞台、短い期間で良くここまで仕上げたなぁと クオリティの高さに我が子のように感動が込み上げてきて泪が溢れました。


今まで、あちこちでこっくりコックリと船漕いでた観客の皆さまだったのに
彼が出て来た瞬間ドヨメキがあったほど。

まさか藤の花を持った着流しの男子、が出てくるとは思いもしなかったからだと思います。

踊り終えた時に今までより大きな拍手でしたよ。



最後の演目では、演者の皆さまが2組で次々に舞うのですが、凄い!
お家元に続き、お家元の娘さん、次期家元さんと二人で【連獅子】
立派に子獅子を舞いました。

観客席のあちこちから、
さっきの藤娘の男の子よね!凄いねー!の声が。


本当に素敵でした。
次期家元に負けず劣らず堂々と 躍動感があり、活き活きとしている舞いに
感動感動で溢れる泪を止めるの大変だった。

一番盛大な拍手も頂いていました。
私もどこか誇らしげ。
私の友人の息子なんです!と笑


会の後、彼と友人と、孫の初舞台に駆けつけていた おじいちゃんおばあちゃんと、おばあちゃんのお友達で小さい頃から彼が大好きだったという方と お食事をご一緒させて頂きました。





その中で彼から衝撃発言が!
実は彼、本当は最後の連獅子のみの本番で、
藤娘は「オマケ」だったそう。

確かに衣装に全くお金を掛けていない 他の演者の引き立て役のつもりだった?


いえいえ、【藤娘】がないとこの会自体 引き締まりませんでした、と強く申し上げたい。



最後に、友人と、Facebookに投稿する際、お顔と名前出しを どうするか話しました。
彼はまだ中学一年生。
実は絵画も大好きで、そちらもメキメキ上達してるそう。
これからやりたい事はなんでもやらせたいと友人。
ハッキリとこの道『歌舞伎の世界』に入ると決まるまではまだ内緒にしておこう、ということになりました。


実際会うと 口数が少なくおっとりしている優しいお顔の彼ですが、
歌舞伎に対する揺るぎない気持ち、芯をしっかり持った頼もしい彼です。
これからの彼の成長が 楽しみです。







キモノサロン古都里
info@kimonokotori.com
福岡市中央区南薬院
※完全プライベートサロンと致しましたので、場所はご予約頂いた時に住所をお伝え致します。予めご了承下さいませ。

電話番号変わりました!
092-753-8421

11〜20時【不定休・完全予約制】
12月の営業日と年末年始はこちらでご確認下さい。
https://t.co/QT1AdfR2Ro
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM