8月の茶道にお召しになる着物

  • 2017.05.08 Monday
  • 16:55



8月に茶道のお稽古ではなく、本格的なお勉強にお召しになるお着物を探しにいらっしゃいました。
名取をお取りになられて、そのお勉強らしいのですが 、何を着るのが良いのか、ご本人も何を着たいかすらもわからずに
とりあえず古都里来てみたらしい。


私は茶道の経験がない為 一番 アドバイスがしにくいところではあります、、と言うか、「〜で良いんじゃない?」とか憶測でモノを言ってはいけないと思っています。


古都里のお客様で茶道の先生やお生徒さんに話を聞いたり質問したりして
知識を得ている最中なんですが それこそ 奥が深い。

一番は、わからなければ その先生や長いお生徒さん方にお聞きするのが一番よ!といつも言います。




先生は最初の夏着物だから 化繊でもいいよ!と言って下さったらしい。


でも着付けの講師をされているお母様に相談したら どうせ買うなら 正絹の良い物を買ったら?と言われたよう。


まず、夏物をお持ちでない事から、
汗対策、長襦袢の事、補正の事、それも関係してからの 化繊なのか正絹なのか…から 細かく話して行きました。


化繊だったら 小紋、または飛び小紋でこんな感じ、
正絹だと絽の訪問着はこんな感じ…
と一枚一枚出してきてはコーディネートしていき、
ご本人にイメージしてもらいました。


その時、一つ紋のグレーの紋紗を見つけました。















これだと、幅広く使えるね、と色んな帯を合わせて差し上げました。
























古都里にある夏帯でも他にもまだまだ合う帯がありましたが、



お茶席からパーティーから 博多座鑑賞、もちろん 普段着にも。


そしてこの先もずっと着れるし、背格好が変わらないお母様も着れる。



これ 万能じゃない?

仮着付けするとサイズも合ってるし お顔映りも良くて お客様も腑に落ちた様子。


現実に持っていたら 重宝しそう!と言って頂き、お母様が、これ合いそうな帯を持っているからと、お着物だけ お買い上げ下さいました。






お母様もご本人もお着物大好きで、私もこの親子様が大好き!



着物を見てる時は本当に楽しくて あっという間に時間は経ってしまいます(笑)

着物問題解決してホッとした〜と嬉しそうにお帰りになりました。
いつも本当にありがとうございます!



キモノサロン古都里
http://www.kimonokotori.com/
福岡市中央区薬院 4-8-28-204号
092-406-2062
11〜20時【不定休・完全予約制】
5月の営業日はこちらでご確認ください http://blog.kimonokotori.com/?eid=602
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM